倉庫サービス
倉庫サービス

交通の拠点に位置し、様々なニーズに対応できる多目的型倉庫を提供しています。

KORCの倉庫サービスは、首都圏を結ぶ交通の拠点に位置しており、一般の保管倉庫としては
もちろん、配送センターなどさまざまなニーズに対応できる多目的型の倉庫として、
多くのユーザーから利用されています。
荷役作業時間の短縮化を図るため倉庫内のオートメーション化や、倉庫内の柱を少なくして
天井の空間も広く有効に使用できるようにするなど、使い勝手のよいスペースになっています。


流通センター
免震工法を採用し、高い耐震性を確保

東扇島では免震工法を採用し、耐震度の高い高層流通センターの建設により、ユーザーの皆様に安心をお届けする体制も整えています。
<東扇島RC>KORC3KORC8第二倉庫

●免震工法
第3種地盤(軟弱地盤)に建つ高層倉庫として、免震装置は高減衰積層ゴムを使用し、基礎梁はSRC造、杭には場所打鋼管コンクリート拡底杭を採用。杭頭は厚さ16mmの鉄板巻きとしています。耐震性能は、レベル2で許容応力度以内とし、高い耐震性能を確保しました。

免震ピットを設けた
免震構造

倉庫内
高度なセンター利用を可能に

搬出入の車両動線を考慮し、大型車両と中・小型車が交錯しないように動線を設計、さらに、乗用車がトラックヤードに進入しないための駐車スペースを確保しました。また2階部分には直接アクセスできる人工地盤のトラックヤードを有しています。
これらの配慮により、搬出入の作業効率を向上させるとともにセンター内の安全を確保することができました。
<岩槻RC>KORC7KORC10KORC11


岩槻流通センター外観

環境への配慮も考えられています

地球温暖化防止のため、環境を大切にすることは大事なことと考えます。その一環として雨水を利用して倉庫屋根部を冷却することで、夏期の庫内温度の上昇を抑える試みを行っております。通常の冷房と違い、廃熱を出さないため、環境にやさしい空調システムといえます。
また、壁面や事務所屋根部を利用した緑化に努め、緑の環境保全も積極的に行っております。
<岩槻RC>KORC7KORC10KORC11


雨水利用空調システム